医療機関の方へ緩和ケアについて

緩和ケアについて

Ⅰ.緩和ケアとは

「緩和ケア」という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか?
「がん治療ができなくなった方への医療」「がんの終末期に受けるもの」「緩和ケア=死」などのイメージを思っておられる方もまだまだ多いのではないでしょうか。
緩和ケアは、病により生じる様々な苦痛やつらさをやわらげ、あなたらしく・その人らしく過ごせるよう支えていくケアです。 患者さま、ご家族の話に耳を傾け、メンバーの専門的知識を駆使し、相談しながら解決策を考え続けます。

緩和ケアとがん治療のチャートを下記に示します。
がんと共生することを可能にするため、その時期その時期の状況に応じた対応を致します。

緩和ケアの定義(WHO 2002年)
緩和ケアとは、生命を脅かす病に関連する問題に直面している患者とその家族のQOL(生活の質)を、痛みやその他の身体的・心理社会的・スピリチュアルな問題を早期に見出し適格に評価を行い対応することで、苦痛を予防しやわらげることを通して向上させるアプローチである。

あなたらしく、その人らしく過ごせるよう支援いたします。
お気軽に「緩和ケアを受けたい、相談したい」と主治医や看護師にお伝えください。

Ⅱ.当院での緩和ケアについて

① 緩和ケアチーム
医師(身体担当/精神担当)、緩和ケア認定看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリテーションスタッフ、がん相談員など多職種で構成されたチームです。痛みをはじめとした、あらゆる苦痛が生じる患者さまとご家族のつらさをやわらげることができるよう、連携し、支援させていただきます。
週1回以上、定期的にカンファレンスを行い、情報共有をしながら主治医や病棟看護師のサポートや協力を行い、緩和ケアを提供しています。

② 緩和ケア外来
■ 毎週月曜日 午前予約制です。
■ 主治医の先生を中心にした支援を行います。
■ 窓口は当院の地域連携センターになります。「緩和ケアについて相談したい」とご連絡ください。

③ 在宅ターミナルケア(訪問診療による在宅看取り)
■ 地域の訪問看護ステーションと連携し、在宅看取りの支援も致します。
■ がん終末期の患者さまが対象となります。
■ ご自宅での療養の継続、看取りの希望…できる限りご希望に沿った療養環境を提供できるよう、多職種で支援させていただきます。
■ 当院以外で現在治療中の患者さまでも、今後石垣島での在宅療養をご希望される患者さまでも、お気軽にお問合せください。

緩和ケアチーム、緩和ケア外来、在宅ターミナルケアに関するご相談は
沖縄県立八重山病院 地域連携センター/がん相談支援センターまで。
TEL:0980-87-5557(代表)