診療科・部門リハビリテーション部門

リハビリテーション室の紹介

リハビリテーション室では、救急医療、小児・周産期医療、離島・へき地医療、精神科医療等に対応する急性期病院として、新生児から高齢者までのリハビリテーションに携わり身体的・精神的障害の維持改善、早期離床、車椅子励行、院内ADL・QOLの向上、早期在宅復帰・社会復帰を目指し、積極的な訓練を実施しています。回復期・慢性期にわたるリハビリテーションを必要とする患者様に対しては、リハビリテーションチームカンファレンスにおいて他の医療・福祉施設と連携図り、一貫したリハビリテーションが提供できるよう働きかけています。また、離島・へき地医療における公的機関の役割として、外来リハビリテーションでの患者フォローも計画的に実施しています。

理念・基本方針

救急医療、小児・周産期医療、離島・へき地医療、精神医療等において、患者さんのニーズに応じた専門的なリハビリテーションを提供すると共に、個々の知識と技術の研鑽に励み、ワークライフバランスの取れた明るく楽しい職場を目指しています。

スタッフ紹介と業務内容

理学療法(PT)Physical Therapy : 6名

理学療法は、病気やケガ等により身体に障害をきたし日常生活が不自由になった患者さんの基本的動作能力(寝返りをする・起き上がる・座る・立つ・歩く)の維持・回復を主な目的としての運動療法(関節可動域訓練・筋力増強訓練・基本動作訓練等)と物理療法(温熱療法等)に加え、日常生活に必要な日常生活動作訓練を行うことによりADL・OQL向上を目的に家庭復帰、社会復帰、寝たきり予防を目指しています。

作業療法(OT)Occupational Therapy : 5名

作業療法は、病気やケガ等により身体に障害をきたし日常生活が不自由になった患者さんのADL(食事、トイレ動作、着替え、入浴等の身の回りの行為)や生活関連動作(家事、仕事、趣味活動等)を維持、改善出来るよう関わります。また、患者さんの状況に応じて、自宅環境調整や介助指導、福祉用具や自助具などのアドバイスを行い、家庭復帰や社会復帰、寝たきり予防を目指し、患者さんの生活の質(QOL)向上を図ります。

言語聴覚療法(ST)Speech-Language-Hearing Therapy : 2名

言語聴覚療法は、病気やケガ等により身体に障害をきたし日常生活が不自由になった患者さんの「話す」「聞く」「読む」「書く」「食べる」「飲み込む」等の機能が障害された患者さまに対して、コミュニケーション機能向上、経口摂取再獲得などを目的に、言語練習、構音練習、摂食練習を行っています。身近な方とのコミュニケ-ションがより容易に行えるよう、また、社会復帰や「再びお口から食べたい」という願いを叶えるために、お手伝いさせて頂きます。

施設基準

  • 心大血管疾患リハビリテーションⅠ
  • 運動器リハビリテーション料Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション料Ⅰ
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料Ⅱ
  • 廃用症候群リハビリテーションⅡ
  • がん患者リハビリテーション