診療科・部門検査部門

検査科について

臨床検査は、患者さんから採血した血液や尿の細胞成分や科学的な成分を検査する検体検査と、心電図や脳波、超音波検査など、直接体表から電極等で情報を検査する生体検査に大別されます。私たち臨床検査科のスタッフは、良い医療は正確な検査データに基づくとの観点から効率的な検査機器と情報システムを導入し、迅速かつ精度の高い検査の実施に努め、臨床から信頼されるデータを提供することを心がけています。

特色と方針

1)迅速な検査体制

検体が検査科に到着してか一般的な臨床検査は1時間以内、緊急検査は30分以内の報告を目指しています。

2)正確な検査結果の提供

毎日の内部精度管理を実施、また外部精度管理(日本医師会、日本臨床検査技師会、沖縄県医師会)に参加しています。

3)高い専門性の維持、修得

超音波検査士、細胞検査士、認定輸血検査技師を配置して質の高いデータを提供しています。

4)365日24時間体制で臨床検査に対応

5)ファインチームワーク

検査科内の和、他セクションとの調和に勤めます

検体検査

  • 生化学検査

    血液中に含まれる糖質・タンパク質・酵素脂質などを測定し、各臓器の異常を診断します。

  • 血液学検査

    血液中の赤血球数・血色素量から貧血の程度、八卦級数や形態から炎症の規模や白血病などを診断します。

  • 免疫血清検査

    感染症(肝炎ウィルス・梅毒等)の検査や内分泌機能検査・腫瘍マーカー・血中薬物濃度・自己免疫疾患などの検査を行います。

  • 細菌検査

    感染の原因菌検出・薬剤感受性検査・抗酸菌検査を行ないます。

  • 一般検査

    尿中に排泄された糖・蛋白や潜血反応の定性検査と顕微鏡で尿中の有形成分を観察し、血球・上皮細胞・細菌などを検査します。便中の寄生虫の有無や大腸がん検診の便潜血を検査します。

  • 細胞診検査

    体内の細胞を採取し癌細胞の有無を検査します。

  • 術中迅速病理診断(テレパソ)

    手術中に採取した組織を迅速に処理し病理組織学的に良悪性の診断を行うもので、県立中部病院の病理医が遠隔操作で診断します。

生体検査

  • 心電図検査

    胸部・手首・足首に電極を取り付け電気信号を波形として記録し、心臓の働きや動きを検査します。

  • ホルター心電図検査

    24時間の心臓の状態や働きを記録し解析します。

  • 負荷心電図検査(ドレッドミル負荷)

    運動中の心電図を検査することにより、心臓病の有無や治療の効果を調べます。

  • 呼吸機能検査

    肺と気管支に関するさまざまな呼吸の働きを検査します。

  • 超音波検査

    音波の反射や透過などを性質を利用して、体の血管や臓器の形・様子を撮影・目視し検査します。
    心エコー図検査、腹部エコー検査、頚動脈エコー検査を行っています。

  • 脳波検査

    電極を頭皮上に付けて、脳の電気的活動を脳波計で増幅して記録します。
    てんかんをはじめ、脳腫瘍・脳血管障害・脳外傷・脳炎・意識障害が疑われる場合に行ないます。