採用情報医師・医学生の 研修受入について

医師・医学生の研修受入について

1.医師・医学生の研修受け入れについて

 研修医や医学生を対象として、本院及び附属診療所での臨床研修・実習等の申込を受付けます。
八重山圏域・離島地域での研修・実習に関心のある方は、その理由及び動機を申し添えのうえ、下記担当まで、お問い合わせください。
(お願い)診療対応につき、附属診療所への直接のご連絡はご遠慮いただいております。

 

お問い合せ先:八重山病院 総務課
人事担当E-mail : xx036056@pref.okinawa.lg.jp(代表アドレス)

2.総合診療専門研修プログラム「南ぬ島」(ぱいぬしま)専攻医の募集について

 本研修は、沖縄県立八重山病院を主体とした離島3年間のプログラムで、2年間の内科・救急・小児科などの研修実施後、3年目に西表島・小浜島・波照間島にある八重山病院附属診療所(若しくは沖縄県立病院附属の離島診療所)で単独診療を行います。 基幹病院となる八重山病院は、沖縄本島から約400㎞離れた人口約5万人の石垣島にあり、24診療科、病床264、医師54により、地域完結型の医療を行っています。八重山病院は、平成30年10月1日に旧空港跡地に新築移転しました。 沖縄の人口1,000人かそれ以下の小離島には16か所の県立病院附属診療所があり、医師・看護師・事務各一人の診療体制でそれぞれの離島を守っています。離島診療所には心電図・レントゲン・エコーなどのシンプルな装置のみで、診療は問診と身体所見という医師のスキルに大きく頼ることになります。すべての患者さんを最初に診察し必要ならば後方病院に紹介し、重症救急はヘリコプターを要請し親病院へ搬送する決断も求められます。医師であると同時に地域に住む住民としても地域とのかかわりをもち、地域行事への積極的な参加も求められます。 離島診療所勤務時は、インターネット回線を利用したコミュニケーションツールやテレビ会議システムでの指導を受けられるように準備し、家庭医療指導医をはじめとする指導医による実地指導とフィードバックを計画します。

沖縄県立八重山病院総合診療専門研修プログラム

<募集要項>

  1. 応募資格 2019年4月1日時点で卒後3年目以上となる医師
  2. 募集人数 若干名
  3. 研修期間 2019年4月より3年間(予定)
  4. 応募方法 下記内容を記載の上、担当宛てにメールにてご連絡下さい。
    ・氏名
    ・フリガナ
    ・性別
    ・出身大学名
    ・卒後年数
    ・卒業から現在までの勤務先すべて
    ・現住所
    ・携帯電話番号
    ・PCメールアドレス
    ・来院希望日
  5. プログラム責任者:今村 昌幹(質問歓迎します)
    メールアドレス imamura_masaki@hosp.pref.okinawa.jp

《 連絡先 》
 事務担当:沖縄県立八重山病院 総務課 山里
 メールアドレス yamazams@pref.okinawa.lg.jp
 〒907-0002沖縄県石垣市真栄里584-1
 TEL:0980-87-5557(代表)